自然妊娠ができる年齢は何歳まで?

芸能人などを見てみると30代後半を過ぎて高齢出産をするケースもあるので、高齢出産でも自然妊娠ができる可能性は低くないのでは、と思われる方も多いかもしれません。ただ、そのような方たちも実は不妊治療に取り組んで、ようやく授かった赤ちゃんであるケースも多々あるので、自然妊娠が可能な年齢がいつまでなのか、40代でも自然妊娠ができるのか、また自然妊娠がかなわなかった場合、卵子提供を受けることができるのかについて解説いたします。

自然妊娠ができるリミットって?

自然妊娠とは、夫婦生活を営んでその名の通り自然に妊娠することを指します。排卵日を調べて、そのタイミングで妊娠する方法や妊娠しやすくなるサプリメントを使用して妊娠した場合も、自然妊娠にカテゴライズされます。健康的な女性が自然妊娠ができる年齢は、12歳前後から50歳前後までとされていますが、一般的に40代になると自然妊娠ができる確率はとても低くなります。妊娠するのに適した時期のことを妊娠適齢期と呼び、20歳第も30歳代も差がないと思っている方も多いと思いますが、最も妊娠するのに適しているのは20歳代とされています。年齢を重ねれば重ねるだけ自然妊娠の確率は低くなってきます。見た目は若々しくても妊娠しやすい体質だとしても、年齢を重ねていくうちに確実に卵子が老化していき妊娠率が下がります。

卵子提供を受けたいけど、誰でも可能なの?


自分の卵子の老化によって妊娠しにくい場合、卵子ドナーから卵子を提供してもらって、子どもを授かりたいとお思いになられる方もいらっしゃるかもしれません。ただ、卵子提供というのは全ての方が利用できるわけではなく、さらに日本ではまだ積極的に導入されているわけでもなく、実施された件数も決して多いわけではありません。全ての方が対象となるわけではなく条件も厳しくなっているので、簡単に卵子を提供してもらうこともできないというのが現状です。ただ、最終手段として専門医に訪れる方も多くなっていますし、さらに海外なら日本国内より卵子提供が受けやすくなっていますので、選択肢の一つとしてお考えになるのも良いと思います。