hCG注射にはどのような役割があるの?

望んでいるのに、なかなか妊娠できない方が増えています。その不妊に悩んでいる際に、利用してみようか、と考えるのが不妊治療だと思います。不妊治療は様々なものがありますが、その中でもよく使用される薬に、hCG注射というものがあります。不妊治療を始めるとよく目にするhCG注射ですが、どのような役割があるのか、その副作用などについて解説します。

hCG注射とは、その役割について

hCGとは「human chorionic gonadotropin」の略称で、ホルモンの1種です。受精卵が子宮内膜に着床し、妊娠が成立したときに、受精卵の表面にある絨毛という組織から分泌されるのがこのhCGです。このhCGが卵巣に働きかけることによって、妊娠を維持するのに必要不可欠な黄体ホルモンの分泌を促すという連鎖が起こるのです。このhCGを注射で体内に注入することによって、プロゲステロンの分泌を促進するという働きがあります。黄体機能不全などでプロゲステロンの分泌に異常があり妊娠が困難な方でも、人工的にプロゲストロンの分泌を促すことにより妊娠しやすくなります。hCG注射は、プロゲステロンの分泌をサポートし、さらに排卵を促す作用もあります。注射後36時間以内に排卵させて、タイミング法によって妊娠を目指すケースが多くなっています。もちろん、hCG注射を打って、必ず排卵が起こるわけではありませんので、根気よく治療を続ける必要性はあります。

hCG注射に副作用はあるの?


hCG注射は不妊治療の中でも、比較的手軽に行うことができる治療法ですが、副作用が生じてしまう場合もあるので注意が必要です。とりわけ副作用の中でも、hCGによって過剰に卵胞が刺激されることによって卵巣が肥大化してしまうOHSS(卵巣過剰刺激症候群)というものがあります。腹痛や腰痛、吐き気などが起こってしまう場合があり、さらには腹水や胸水などといった重たい症状が生じてしまう場合もあります。hCGを注射して、副作用が生じた場合には、一時的に薬の投与を中止し、経過を見ながら安静にすることが大切です。さらにhCG注射を打ち妊娠検査薬を使用する場合、その反応に気を付ける必要があります。妊娠していなくても、陽性反応が出る場合もありますので、正確に妊娠の有無を確認するためには、注射を受けて1~2週間程度経ってから妊娠検査薬を使用するようにしましょう。