妊娠したい人ができる5つのこと

なかなか妊娠できない方は、不妊治療を受けるべきか悩まれる場合も多いかもしれません。ただ、そのような不妊治療にすぐ踏み出す前に、妊娠しやすい体質作りや、卵子の質を上げるために少し工夫をしてみませんか?妊活という言葉があるように、赤ちゃんを望んでいるなら、まずは今できることから始めてみましょう。

今すぐできる妊活、5つのこと

(1)妊娠しやすい体重になる
妊娠するためには、まずは妊娠しやすい体重になることが大切です。痩せすぎや太りすぎの場合、排卵障害が起こりやすいと言われているので、まずは標準体重になるように自分の体を変えていきましょう。

(2)妊娠しやすい食べ物をできるだけ食べる
妊娠するためには、毎日の食事がとても大切です。食事は毎日3食をバランス良く、様々な食材を取り入れることがおすすめです。外食やインスタント食品などは、体にとってあまり好ましいものではありませんので、できるだけ避けるようにしましょう。妊娠しやすい食べ物というものもあり、とりわけ卵子の質を上げたいなら活性酸素を除去してくれる抗酸化作用がある大豆やニンジン、トマト、かぼちゃ、ピーマンやりんごなどが最適です。またサプリメントで葉酸を摂取するのもおすすめです。

(3)冷え性を改善してみる
妊娠にとって冷えは大敵ですので、冷え性の方はできるだけ改善できるように工夫してみましょう。お風呂にゆっくりと浸かってみたり、適度な運動をして代謝を上げたり、体を温めてくれる食材を厳選して食べたり、水分の摂りすぎに注意しストレスを溜めないなどを実践すると良いと思います。

(4)生活習慣を見直してみる
妊娠したいと思っているなら、煙草やアルコールをやめるなど基本的なことから生活習慣を見直してみましょう。睡眠を十分にとり、規則正しい生活習慣に変えてみましょう。

(5)基礎体温をつけてみる
妊活では基本的なことですが、しっかりと毎日基礎体温をチェックしましょう。基礎体温を毎日きちんと計ることによって排卵日を予測し、タイミング法にて妊娠がしやすくなります。